北京

万里の長城


 万里の長城(Great Wall of China)は中国の古代文明のシンボルであり、世界に知られた古代中国の防御建造物です。延々と1万2700里に及んでいることから「万里の長城」と呼ばれています。世界文化遺産に登録されています。北京市街から北に約60km行ったところにある八達嶺長城は修復が施され状態が最もよく、万里の長城の中でも代表的な区間となっています。北京近郊には他に、金山嶺長城・慕田峪長城・司馬台長城・居庸関長城などの長城があります。
 
北京近郊の万里の長城 地図
万里の長城 地図
 
 八達嶺長城(バーダーリン チャンチァン、Badaling)は、居庸関長城(ジュィヨングァン チャンチァン)の北、北京から60余キロ離れたところに位置しています。関所の城楼は明の弘治18年(1505年)に建造され、城楼の東西両側に門が一つずつあり、額として東の門の上に「居庸外鎮」の四字が彫ってあり西の門の上に「北門鎖鑰」の四字が彫ってあります。
 八達嶺長城はとても壮観で城壁の高さが平均7.8メートル、その土台が重さ500キロの大きな花崗岩で築かれています。城壁の上では馬なら5頭、人なら10人が並んで進むことが出来ます。城壁の外側に凹凸があり、パトロールする時、そこから遠見していました。矢を射るための射撃孔もついています。ほぼ800メートルおきに宿泊・兵器保管・見張りに使う敵楼、墻台が設けてあります。このほか、長城博物館、長城周影院(360度の円形スクリーン映画館)もあります。
関所に向かって左側は女坂と呼ばれています。関所から急な坂が続きます。単純に歩いていくとキツイのですが、関所手前の大駐車場の脇から出ているロープウェイ(中国ではケーブルカーと呼ばれます)で最高所(北八楼)まで登って女坂を下るととてもラク。関所の右側の坂は男坂です。最初はなだらかで楽勝です。途中に女坂を上回る坂の階段があるのが難点です。男坂は観光客が少ないのでのんびり歩けます。だいたい片道で1時間半くらい歩くと未修復の場所(南七楼)まで行って行き止まり。詳しくは、八達嶺長城 地図を御覧下さい。
 
八達嶺長城で一番美しいと言われる城楼「南六楼」
万里の長城
 
行き方:前門、北京駅、東大橋、動物園から毎日直通の観光バスが出ています。安定門からは、乗合バスが出ています。八達嶺長城からは、明十三陵行きのミニバスもあります。
中国万里長城・八達嶺
中国万里長城・八達嶺
関所
関所
観光客が多い女坂
観光客が多い女坂
ケーブルカー
ケーブルカー
滑道
滑道
延々と続く長城
延々と続く万里の長城
未修復の場所
未修復の場所
男坂の階段
急傾斜は階段だか
下りるときチョット怖い
男坂の城楼
男坂の城楼
もっと  写真を見る
 

 

Copyright © 2005-2010 Beijinging. all rights reserved.