北京 
北京ing > 北京の博物館と美術館

中国美術館



中国美術館の常設展は中国絵画と書です。いずれも独立以後の作品。社会主義国らしく、プロレタリアート芸術の絵画(労働者、解放闘争等をテーマ)もそれなりにあります。私が行ったときは、「法国(フランス)印象派絵画珍品展(20元)」をやっていました。また、中国の民俗芸術で有名な剪紙(せんし=切り絵)の展示もありました。「剪紙 欲しい〜」と思ってちゃんとした土産物屋に行ったんですが、それなりのもは高いですね。数百元(大きな数字)。
中国現代美術年表みたいなのがあって、日本人の名前がただ一人出ていました。その名は「平山郁夫」大先生です。中国、朝鮮の筋ではかなり有名な人ですが、中国美術館で名前が出るほどとは存じませんでした。
 
中国美術館
 
行き方と地図:103/109他路バス「美術館」下車。ちょっときついですが、王府井から歩くこともできます(王府井の通りを北上して景山公園へ(西側)歩きます)。
中国美術館の地図
 

 

Copyright © 2005-2010 Beijinging. all rights reserved.